2018年11月30日

手帳に欲しい機能

 前回、手帳とスマホスケジュールで管理したいと書きましたが、今回は欲しい機能を少し書きたいと思います。
過去に書いた「手帳のサイズについて」を続きのブログとして読んで頂けるとつながりが少しわかると思います。


1.年間スケジュール

 カレンダー 予定と実績を管理したい。可能であれば、1ページとかで一覧で見たい。

 定期的に行う作業の記録(例:体重、バックアップ日、自己啓発の内容・作業時間)を俯瞰したい。

2.月間スケジュール

 月単位の予定(やりたいこと)と実績を管理したい。お金の利用状況を管理したい。

3.週間スケジュール

 打ち合わせ、出張、旅行等の決まった作業時間の予定と実績を管理したい。

4.タスク管理

 自分の目標(ミッションステートメント)、締め切りのある作業の予定と実績を管理したい。

5.ノート

 打ち合わせの決定内容、思いついたアイデアをメモしたい。可能であれば、分離できるものがほしい。
 1年以上前の打ち合わせ内容等をメモしたい。


このような感じの、手帳をこれから探していきたいと思っております。

私はこれでも手帳歴25年です。入社式の時に会社からもらった胸ポケットに入る手帳を記入し始めたことが、手帳マニア?手帳のこだわりが出るようになりました。

 スケジュール管理として、備忘録として活用しており、特に手帳に記入することで、もうその仕事や約束は忘れてもよいのです。ストレスを軽減するためのツールだとも思っています。

精神的なストレスや時間的なストレスは手帳やスマホスケジュールを活用することによって、軽減されると私は信じています。

 スマホの大量情報を保管できることやスマホにより、いつでも手元で参照できることは胸ポケットに入る手帳以上の使い方をしたいと思っております。

 理想は、スマホ管理と紙の手帳管理の良い部分を融合できれば良いと思っています。
スケジュールを記入・入力することにより、その仕事や作業を一時的に忘れることが出来て、他の作業に集中することが出来て、業務の効率化が図れるのではないかと思っています。





タグ:手帳 便利
posted by ぞうさん at 21:02| Comment(0) | 作業効率化

2018年11月29日

最近使用したファイルを表示させるショートカットを作成

 最近物覚えが悪いのか、色々な作業を同時並行して行っているためなのか、よく作成したファイルの保存場所を忘れてしまします。
 保存場所の考え方をきちんとしてないから、色んな場所に保管しているのかもしれません。
ファイルが見つからないときには、ファイル検索ツールを起動して、探していました。その検索作業が大変なので何か良い方法はないかと思い思いついたのが、「最近使った項目」を表示させれば良いということに気がつきました。

 ファイルエクスプローラーに最近使った項目があるのですが、私としては、これを表示するのはあまり好きではありません。
理由は、パソコンの画面を横から他人が見ることが出来るからです。正直、どのようなファイルを作成したのか見られたくないからです。なので、ファイルエクスプローラーのオプション画面で、最近使った項目のチェックは外しております。
20181223フォルダオプション画面.png


 この問題を解決するために、デスクトップに「最近使った項目」のショートカットを作成を作成しました。

 どの部分をショートカットすれば良いのかというと、「最近使った項目」というのは下の場所に格納されています。
Cドライブ ⇒ ユーザー ⇒ ※※ユーザー名※※ ⇒ AppData ⇒ Roaming ⇒ Microsoft ⇒ Windows

スクリーンショット 2018-11-29 20.05.50.png


 この「最近使った項目」を右クリックし、ディスクトップにショートカットを作成すれば完成です。

実際にクリックすると、

スクリーンショット 2018-11-29 19.56.11.png

こんな感じになります。


 私の場合は、何度も同じファイルを直す必要があるのですが、どこに格納したか忘れて、探すのに時間がかかっています。それを改善するためにショートカットを作成しました。


 小ネタですが、参考にしてもらえればと思います。


posted by ぞうさん at 20:08| Comment(0) | Windows10

M.2SSDを1基のPCIe x4インタフェースに変換ツールを発見

 私の自作PCのマザーボードはZ77なので、M2.SSDは搭載できません。

それでも、M2.SSDを利用したい人のための変換ツールがありました。
これでRaido0を組むとどれだけ早くなるのでしょうかね。どきどきします。

私のマザーボードZ77では、PCIe x4のポートが余っているので、自分のPCも利用できそうです。覚書として情報を残しておこうと思いこの記事を書きました。

製品名は「SilverStone製ECM24」です。ホームページはこちらです。

 楽天とアマゾンを見ても販売されていませんでした。

直接、ダイレクトショップで注文するのしかないと思います。
正規代理店を調べると、こちらのHPにありました。

 M2.SSDを利用したい方は検討してみてください。

 最近は、M2.SSDは安くなっているし、早いので、Windows10のOSが入れば、爆速になるのではないかと期待しております。
 また、M2.SSDは2.5inchのSSDと比較しても、超高速ですよね。GBの速度が出ていますから。

 私のPCでは、2.5inchのサムソンのSSDを2枚利用しております。高速化するためにRaid0を組んでおります。
Raido0にしても、GBの速度は出ておりません。(涙)

Raid0だと、故障リスクが2倍程度になるので、バックアップは毎日取得するようにしております。

私の利用しているバックアップソフトはTodoBackupです。
過去の記事
を参考にしてもらえると助かります。


20181211追記
 バックアップソフトのメーカは変更しておりませんが、エディションを変更しております。
今でも、利用しているバックアップソフトです。
 正直、Windows10Pro標準のバックアップソフトよりも信頼できます。Windos10標準のバックアップソフトだと、バックアップを取っても、いざレストアを実施しようとすると、「ハード構成が異なりレストアできません。」のメッセージがでて、結局、最初からのクリーンインストールとなります。
 悲しい思いしたので、何社かバックアップソフトを購入して使ってきましたが、私はこのTodoBackupソフトが最も使いやすく、信頼で来ています。




タグ:M2.SSD PCIe x4
posted by ぞうさん at 18:09| Comment(0) | PCハード関連

マグネット設置タイプのスマートホン車載ホルダー

簡単に取り外せるマグネットタイプのスマートホン車載ホルダーを見つけましたので、紹介します。


楽天市場だと





アマゾンだと




 金額的には楽天の方が安価ですね。(20181129時点)


 スマホ側に金属プレートを貼り付け、ホルダー本体側にマグネットがあるという作りです。

片手で取り付け・取り外しができるのが特徴です。運転時には便利かもしれません。

説明書を見ると耐荷重は約200グラムとなっております。

 参考にしてもらえればと思います。


 私は別のスマホホルダーを使っていますが、この商品を先に知っていたなら、購入した可能が高いです。


私が、RX-7(FD3S)で利用してるスマホホルダーは




です。


 私は、車のダッシュボードに取り付けて、スマホのアプリにあるドライブレコーダーの機能を使っています。今は、挟み込むタイプなので、正直、取り付けたり、外したりは少々面倒です。


 参考までに、ドライブレコーダー代わりに使っているスマホアプリは、DailyRoads Voyagerというアプリです。無料のままで利用しております。録画する機能と定期的に写真を撮る機能があります。

 スマホのCPUには負荷がかかるみたいで、スマホ自体がかなり熱くなります。私はエアコンの吹き出し口の前に装着しております。設定の中にも、CPUの温度が上がったら、画質を落とすとか、録画をやめるとかの設定がありますので参考にしてください。私は、CPUの温度が上がったら、画質を落とす設定を行っています。


 嫁のFit(GD3)で利用しているスマートフォン用のフォルダは


です。
 写真では縦にスマートフォンを利用していますが、Fit(GD3)では横にして使っております。
写真にある、スマートホンの滑り止めのストッパーは利用していない状況です。

 この2つを利用しておりますが、使い勝手としては、RX-7(FD3S)で利用してるSmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch3の方が取り付け、取り外しは簡単だと思っています。

 どちらのスマートフォンフォルダにしても、要望があり、充電用の配線を取り付ける部分があっても良いかなと思っています。
私の場合は、スマートフォンフォルダの数カ所にバンドで固定して、充電の配線が床に落ちたり、ダッシュボードの手の届かない場所に移動しないようにしています。

 購入する際の参考にしてもらえると助かります。

posted by ぞうさん at 17:26| Comment(0) | 車関係 便利グッズ

2018年11月28日

手帳のサイズについて

 2019年度の手帳購入を考えていますが、手帳のサイズでを悩んでいます。紙の手帳はもう25年以上利用しています。

 学生の時には、頭で覚えることができたのですが、会社員になり、いろいろな仕事が増えてきて頭では覚えきれなくなり、手帳を使い始めたのがきっかけです。手帳の使い方の本も何冊か購入して、自分なりには使いこなしているつもりですが、最近ではスマホのアプリもよくできていますね。

 手帳には、3種類程度の綴じがあります。

・綴じ手帳

・システム手帳

・モジュール型手帳


【綴じ手帳の特徴】

・持ち運びに便利なものが多い

・手帳の買い替え時は予定の書き写しが必須

・書き込める量に限度がある


【システム手帳の特徴】

・自分好みにカスタマイズできる

・予定を書き写したりする必要がない

・初期投資が高い

・上手く使いこなせない場合もある

 ↑ 私の場合はこのパターンですかね。


【モジュール型手帳の特徴】

・綴じ手帳とシステム手帳のいいとこどり

・まだ種類が少なく、デザインなどの選択肢があまりない

・他のブランドとの互換性が低い

・手帳とノートといった複数冊のものを1つにまとめて使用したい方にもおすすめ


 私は今、フランクリンプランナーのシステム手帳を利用しています。

20181125使っている手帳.jpg

20181125中身.jpg

バイブルサイズと呼ばれる大きさです。


 過去に、いろいろな手帳を模索していた関係で、

フランクリンプランナーのコンパクトサイズのシステム手帳も自宅にあります。

20181128コンパクト手帳.jpg

保管用のバインダーも自宅にあります。(今は使っていませんが)

20181128コンパクト手帳リフィル保管.jpg

20181128コンパクト手帳の保存用バインダー.jpg


 会社に入社したときには、胸ポケットに入る綴じ手帳を使っていた時代もあります。

嫁は、A5版の綴じ手帳を利用しています。

 参考までに、嫁の利用している綴じ手帳を紹介します。

20181128綴じ手帳A5版.jpg


 今は、その手帳とスマホの融合をどうしようか考えています。

スマホで使っているスケジュールアプリは、「aCalendar+ Calendar & Tasks」です。

 スマホのスケジュールアプリとしてはマイナーかもしれませんね。

このaCalendarはGoogleスケジュールとGoogleタスクと同期します。

日本語表記となっています。ウイジットも利用できます。


 スマホの有名なスケジュールアプリは、ジョルテカレンダですかね。
私は利用したことがないので、コメントできませんが、利用者のコメントの評価はかなり高いですね。


 私から見ると、ジョルテカレンダとaCalendar+ Calendar & Tasksはそんなに機能はかわらないように思っています。

 これから、手帳で管理する作業と、スマホスケジュールで管理する作業を検討して進めていきたいと思います。私は、予定と実績をこの手帳とスマホスケジュールで分担して管理していきたいと思います。


posted by ぞうさん at 18:55| Comment(0) | 作業効率化