2019年07月19日

外出先で業務効率を上げる方法かな

 通勤ルートでいつもとは違う道を通った。

 千代田線「国会議事堂前」の改札から出たらすぐ右手に、「サテライトオフィスサービス」と書かれた、電話ボックスの2周りぐらい大きなボックスが2つあった。(もしかしたら、電話ボックスは死語か??)
 写真を撮っていなかったので、今度通ったら写真を貼り付けます。

2019/07/23画像を追加-------
IMG_20190722_092736.jpgIMG_20190722_092748.jpg
---------------------

 コンセントの絵があり、興味が出て何ができるか気になったので、会社に戻って「サテライトオフィスサービス」を調べてみました。

 東京メトロが、実証実験中とのHPが出てきました。
 気になる料金は、15分で200円です。1時間で、800円というところでしょうか。

 長時間で考えると、マンガ喫茶の方が安いような気がします。
が、改札の出口にあるという場所を考えると、少し高いけれども便利なような気がします。

 この大きな電話ボックスを利用することによって、仕事の効率化ができるならば、良いことだと思います。

 この「サテライトオフィスサービス」HPを見る限りは、事前に申し込みをして、利用する方法みたいです。
私も、今度登録して、利用してみようと思います。
 支払い方法は、クレジットカードでの申し込みだったような気がします。(大きな電話ボックスにクレジットカードの絵があったような気がします。)

 このようなサテライトオフィスが安価で簡単に利用できるようになると、ノートPCが欲しくなりますね。
私がノートPCを購入するとしたら、Ryzenのプロセッサーにしてみたいです。省電力だとうれしいですね。



posted by ぞうさん at 00:58| Comment(0) | 作業効率化

2018年12月11日

Evernoteと連携するノートブック

 Evernoteと連携するノートブックが発売されています。
会社の人達も、スマホと手帳(ノートブック)との連携を模索しているような感じを受けます。

 私のスマホと手帳の連携は私の書いた「【まとめ】2019年手帳&スマホの利用について」も参考にしてください。

連携するノートブックは、

楽天市場で売られていました。





アマゾンでも売られていました。


このノートの特徴は、

・手書きノートをタグ付けして保存する
・「スマートステッカー」と呼ばれる6種類のアイコンが描かれた小さなシールが付属しています。
・Evernoteプレミアムアカウント3ヶ月無料コードが付いています。

使い方として、
 Evernoteアプリでカメラを起動し撮影すると、手帳をデジタル化して保存でき、デジタル化の際には、ステッカーのアイコンに応じて「トラベル」「仕事」といったタグが自動で付けられます。それぞれのアイコンに割り当てるタグはカスタマイズが可能となっています。

 Evernoteは有名で、利用者も多いのですが、Evernoteだと使い続ける限り毎月お金がかかるからです。
なので、Evernoteは私のスマホソフトウエアの中では購入対象外となってしまいます。
 私のスマホソフトウエアの基本は、無料(Free) < シェアウエア(一度の購入) < 有料(毎月の支払い)です。特に無料でも、広告がないソフト、高校が小さいソフトを優先してアプリケーションを選定していきます。


私は、Evernoteを利用しておりませんが、自分のアイデアや資料をスマホのカメラで撮影して保存しております。
今利用しているAndroidソフトは、CamScannerです。
使い方として、
・CamScannerのクラウドで保存しております。ローカルで保存することも機能として可能です。
・エクスポート機能がありますので、月初にバックアップして、自信のPCに保存するようにしております。

 理想は、写真で撮影した資料は、自分の管理しているクラウドにUPできるAndroidソフトウエアがあれば、そちらのソフトに乗り換えたいと考えております。知らない会社のクラウドで保存するのはセキュリティ上怖いのです。
20181223追記を見てください。Androidスキャナーソフを「スキャンボット | PDFスキャナー」に変更しました。

 手帳(ノートブック)とスマホの効率的な連携は色々な人がいろいろなことを考えていますね。
私の使っている「aCalendar+ Calendar & Tasks」にも、スマホカメラ撮影機能が追加されることを期待します。


20181223追記
 Androidスキャンソフトは「スキャンボット | PDFスキャナー」に変更しました。
 大事だと思われるメモはスマホでスキャンしたいと思っております。
利用予定のAndroidスキャンソフトは「スキャンボット | PDFスキャナー」です。
自分のアカウント持っているクラウド(GoogleDrive、OneDrive、DropBox)に保存できることが決定的な理由でした。





posted by ぞうさん at 23:55| Comment(0) | 作業効率化

2018年12月06日

【まとめ】2019年手帳&スマホの利用について

 今まで、作業効率向上のために、2019年度は手帳とスマホをどのようにスケジュール管理に利用するかを書いてきました。

自分の書いてきたことをまとめていきたいと思います。



手帳に欲しい機能(2018/11/30)



を書いてきました。


 結果、2019年度に使用する紙の手帳は、フランクリンプランナー手帳のコンパクト版です。

サイズ:172mm×108mm
穴の数:6穴
特徴として、幅広バイブルサイズで、バックに入れて持ち歩く大きさ。

DSC_0197.jpg



 気をつけないといけないのは、書店等で市販されている手帳用紙と大きさが若干異なることです。ただし、6穴の位置は同じです。

下が、比較写真となります。上が市販されている方眼用紙、下が、フランクリンプランナーの方眼用紙となります。

DSC_0201.jpg

 私の場合は、方眼用紙を使う場合は考え方とかをまとめたりする場合に利用するので、大きさは気にしないので、安価な書店で市販されている方眼用紙を購入します。
 また、自分で使いやすい書式が出来れば、白紙の用紙を購入し、その書式をOpenOfficeとうのソフトウエアで作成して印刷してオリジナル用紙として利用していきたいと考えています。

 手帳の用紙がいっぱいになった場合は、

手帳 バインダー コンパクトサイズ(バイブルサイズ) 保管用バインダー

価格:1,058円
(2018/12/6 20:42時点)
感想(187件)

を購入予定です。

 大事だと思われるメモはスマホでスキャンしたいと思っております。
利用予定のAndroidスキャンソフトは「スキャンボット | PDFスキャナー」です。
自分のアカウント持っているクラウド(GoogleDrive、OneDrive、DropBox)に保存できることが決定的な理由でした。


手帳と連携するスマホアプリは、

 私は有料版として購入しております。ミッションステートメントやタスクを記入していきたいと思います。

無料版だと登録項目数に制限があるので、有料版を購入しております。このアプリはGoogleスケジュールと連動します。私は、実績を管理したいので、Googleスケジュールの毎スケジュールに「Result」という項目を作成し、Atrackerの結果を表示できるようにしております。

20181206Result表示.jpg


 打ち合わせや大事な電話等で録音を考えています。


 手帳に記入にできない際に、スマホ用手帳としてメインで利用していきたいと思います。

 この予定で、2019年度は手帳とスマホを利用して、スケジュール管理を実施していきたいと思います。

Androidスキャナーの選定に当たり、で最初は、「CamScanner スキャンPDF作成」をインストールしてみました。
使い勝手は良いのですが、自分の管理できないクラウドに保存されることに不安を感じてアンインストールしました。
管理できないクラウドから大切な情報をスキャンしようとしているのに、抜き取られたり、情報を盗まれるのは怖かったためです。

変更や改善があれば、このブログで報告したいと思います。

 今後は、スケジュール管理だけでなく、お金も管理していきたいと考えている管理人でした。お金の管理もスケジュールと密接に関連していますよね。
 自分なりの効率の良いスケジュール管理に関することを模索していきたいと思っております。



posted by ぞうさん at 21:10| Comment(0) | 作業効率化

2018年12月04日

2019年度手帳の部品が届きました

 11月末からずっと来年度のスマホと手帳の融合および効率化を考えていました。
過去のブログ

 先日、フランクリンプランナーから注文した商品が届きましたので紹介いたします。

早速、手帳にセットしてみました。

フランクリンプランナーコンパクト手帳にセットしております。

年間スケジューラは

20181204年間スケジュール.jpg

 写真を見てわかると思いますが、間違って英語版でなく、日本語版を購入してしまいました。(涙)

6曜は嫌いでしたが、購入し直しで、300円+送料となるので、このまま日本語版を利用します。

このような商品でした。もう既にわかって予定については、シャーペンで記入をしました。

 今回購入したのはコンパクト版ですが、ポケット版だと小さくて予定が記入できなかったかもしれません。

自分でわかるような、スタンプとか記号を決めておいた方が、狭い場所に記入するには楽かもしれません。


タスクカレンダーは

20181204タスクカレンダー.jpg

 毎日、自分が実施することを出来たか・出来ないかで管理していきたいと思っています。

管理内容としては、「体重の測定」、「英語の学習」、「パソコンのバックアップ」とのルーティン業務を管理していきたいと思います。

 必要に応じて追加を考えておりますので、2枚購入しました。

 気をつけないといけないのは、自分で気合いを入れすぎてやることが多くなり、発散することが怖いです。

スマホで年間習慣が管理できて、パソコン等で参照できる機能があれば、スマホアプリに切り替えることを考えたいと思います。


月間スケジュールは

20181204月間スケジュール.jpg


週間スケジュールは

20141204週間スケジューラ.jpg

 月間スケジュールに記入したことは、詳細をさらに週間スケジュールに記入する運用を考えています。手帳のスケジュールは予定を記入していきます。

 ただし、どうなるかわからないインフォメーションは、週間スケジュールのみに記入する場合があると思っています。(例:山本ラーメン屋で半額セールとか)

 手帳には、月間スケジュールも週間スケジュールも3ヶ月分を手帳に保管しておこうと思っています。今までの経験で、3ヶ月より先の打ち合わせはほとんどありません。3ヶ月以上先の打ち合わせがあった場合は年間スケジュールに記入をして、期間が来たら月間スケジュールと週間スケジュールに転記する運用ですかね。


ミーティングメモは

20181204ミーティングメモ.jpg

 初めて利用するので、なんともいえないのですが、仕事の打ち合わせで利用したいと思っています。利用している内に、不要な項目、必要な項目が出てきたら、自作メモの作成も考えていきたいと思います。


 これで、物理的な手帳とAndroidソフトウエアが揃いました。
2019年に向けて、試行実施をしていきます。使い勝手の割るところやこうした方が良いのではないかということがあれば、修正して、このブログで紹介をしていきたいと思います。


posted by ぞうさん at 23:50| Comment(0) | 作業効率化

2018年12月01日

手帳のスペック、スマホアプリを決め、人生の効率化行いたい

 来年度の手帳に関して、私なりに色々と考えてきました。
過去のブログ
の続きの文書となります。

 来年の手帳を購入したいと思います。システム手帳にして、情報を色々と分類したり、情報を蓄積・情報発信したいと思っています。
 下の順番は、過去ブログの「手帳に欲しい機能」の順番で記入しております。

1.年間カレンダー
 手帳スマホ
年間カレンダーの予定×
年間間レンダーの実績×






理由として、私のスマホで使っている、aCalender+は年間を1画面で見ることはできるのですが、日付だけで、予定等は全くみれません。
 なので、手帳の年間カレンダーを利用しようと考えております。

 フランクリンプランナーの年間間レンダーは六曜がついております。

私はあまり、六曜が好きではないので、英語版にしようと思っています。
 フランクリンプランナー手帳サイズとしては、ポケット版とコンパクト版があります。

 家族等の担当日はaCalender+及びGoogleスケジュールに登録してあるので、予定・実績の管理外とします。

 年間を通して、管理するもとしては、現在のところはプロジェクト等の長期ガンチャートや体重かな。
 年間を通してみるタスクスケジューラがあると良いですね。
フランクリンプランナーだと、ポケットにはなく、コンパクト版しか存在していません。
年間カレンダーの予定・実績を実現する手帳としては、
フランクリンプランナーのコンパクト版になります。(現在使えるものを有効利用したい)
購入するものとして、
・2019年 年間カレンダー(英語版)

コンパクトサイズ(バイブルサイズ幅広) リングタイプ用 6穴年間カレンダー 日本語版2019年1月始まり

価格:324円
(2018/12/1 21:07時点)
感想(6件)



・2019年 プロジェクト・タスク・カレンダー

コンパクトサイズ(バイブルサイズ) リングタイプ用 6穴プロジェクト・タスク・カレンダー 6穴2019年1月始まり

価格:324円
(2018/12/1 21:10時点)
感想(0件)



aCalender+(スマホアプリ)

2.月間スケジュール
 手帳管理スマホ管理
月間スケジュールの予定随時の打ち合わせで記入
定例の作業登録
打ち合わせ等での宿題タスク
月間スケジュールの実績急な中止は取り消し線Atrackerアプリ利用

 打ち合わせ予定時間、場所等は手帳に記入することを考えています。
決まった時間の打ち合わせや作業は、手帳にも簡易に記入はするかもしれませんが、決まった作業はスマホスケジュールのアラームを利用したいと思っています。
 打ち合わせ前や後の宿題事項等は、aCalender+に登録し、備忘したいと思います。

AtrackerはGoogleスケジュールに反映することが可能です。使い勝手がよかったので、有料版を購入しました。

購入するものとして、
・オリジナル・見開き月間カレンダー(日本語版)

コンパクトサイズ (バイブルサイズ幅広) 6穴フランクリンプランナー リフィルオリジナル・ウィークリー・リフィル(日本語版)1週間2ページ 見開き2019年1月/4月始まり兼用

価格:4,212円
(2018/12/1 21:14時点)
感想(2件)



Atracker(スマホアプリ)


3.週間スケジュール
 基本的には、月間スケジュールの内容を週間スケジュールに反映させます。反映させるとかっこよく聞こえますが、転記するよていです。
 若干、打ち合わせの際のコメントを入れるかもしれません。

購入ものとして、
・オリジナル・ウィークリー・リフィル(1週間/2ページ)

コンパクトサイズ (バイブルサイズ幅広) 6穴フランクリンプランナー リフィルオリジナル・ウィークリー・リフィル(日本語版)1週間2ページ 見開き2019年1月/4月始まり兼用

価格:4,212円
(2018/12/1 21:14時点)
感想(2件)




4.タスク管理
 手帳管理スマホ管理
ミッションステートメント×
長期目標(1年以上)の中間ステップ×
期限のないタスク△(1月以内程度)
期限のあるタスク×

 ミッションステートメントは、自分の価値観なので、スマホでいつでも見られるようにしておきたいと思っています。

 中間ステップは、価値観を大まかなスケジュールにするものと考えており、10年以上の期間もあることから、手帳で管理していきたいと考えます。

 タスク関係は、aCalender+のタスク管理を利用して、どのデバイスからでも見られるようにして、忘れることが内容に心がけたいと思います。

購入するものとして、
・目標設定用紙

コンパクトサイズ(バイブルサイズ) 目標設定用紙

価格:464円
(2018/12/1 21:17時点)
感想(14件)



Googleタスク(スマホアプリ)


5.ノート
 手帳管理スマホ管理
打ち合わせメモ○(録音)
思いつきメモ○(録音)

 手帳は、打ち合わせ用のノートと方眼用紙か白紙のノートの2種類用意できればと思っています。
 スマホは、手帳が使えないときに、音声録音やメモ帳書きのために利用したいと思います。メモ帳はGoogle Keepをメインで使っていきたいと思っています。データの分散は避けたいですね。また、クラウドにアップできる機能があると、情報をまとめることができてよいですよね。

用意するものとして、
・方眼メモ

コンパクトサイズ(バイブルサイズ)方眼メモ

価格:464円
(2018/12/1 21:19時点)
感想(0件)



・ミーティング・プランナー

コンパクトサイズ(バイブルサイズ) ミーティング・プランナー

価格:464円
(2018/12/1 21:20時点)
感想(5件)



簡単ボイスレコーダー(スマホアプリ)
Google Keep(スマホアプリ)


結論として、
 フランクリンプランナーコンパクト版の
・2019年 年間カレンダー(英語版)
・2019年 プロジェクト・タスク・カレンダー
・オリジナル・見開き月間カレンダー(日本語版)
・オリジナル・ウィークリー・リフィル(1週間/2ページ)
・目標設定用紙
・方眼メモ
・ミーティング・プランナー
を購入。
 スマホアプリとして、
aCalender+(スマホアプリ)
Atracker(スマホアプリ)
Googleタスク(スマホアプリ)
簡単ボイスレコーダー(スマホアプリ)
Google Keep(スマホアプリ)
を最大限に活用。

20181221追記
 年間スケジュールがフランクリンプランナーから届いたのですが、私が注文を間違ったらしく、英語版ではなくにほんごばんが届いてしまいました。六曜がしっかり書かれていました。(涙)
Honeyview_年間間レンダー表六曜付き.jpg
六曜が書かれていました。

裏面です。
Honeyview_年間カレンダー裏.jpg
こちらには六曜はありません。

 2019年度年間カレンダーはこの日本語版を利用したいと思います。



続きを読む
posted by ぞうさん at 21:34| Comment(0) | 作業効率化