2019年03月30日

通話録音ソフト「自動着信通話レコーダー 2018」と「ACR Pro」を使ってみて

 F-01Jに表記に書いてある、自動着信通話レコーダー 2018をインストールしたところ、問題なく通話内容の録音ができました。

screenshotCropped29032019_233316.jpg

着信は緑です。
発信は青です。
誰から発信されたのかが解るソフトです。

 しかし、ZenPhone4だと、この自動着信通話レコーダー 2018は動作しませんでした。不思議な物です。

ACR ProだとZenPhone4は動作します。ただし、OSのセキュリティなのか、ある日をもって、連絡帳の名前と連携できなくなりました。
Screenshot_20190329-234030.jpg

F-01Jでも問題なく動作しますが、同様に発信者が「不明」となってしまいます。

自動着信通話レコーダー 2018の良いところとして、
・発信者名や電話場番号が表示される。
・保存先にSDカードを選ぶことができる。
・クラウドに保存することができる。
・mp3の保存です。
悪いところとして、
・広告が派手すぎます。広告を消すのが面倒です。

の良いところとして、
・安定して動作している。
・クラウドに保存することができる。
・mp3の保存です。
不満な点として、
・不明で表示される。
・SDカードに保存することができないので、内蔵ストレージの少ないスマホは保存期間を短くする必要があります。

 私としては、ACR Proは有料で購入したので使い続けたいと思っておりますが、不明を回避するような開発をお願いしたいと思います。

 今は、F-01Jは自動着信通話レコーダー 2018を利用して、DropBoxに保存する設定としております。
ZenPhone4はACR Proを利用して、DropBoxに保存する設定としております。
 良い点としては、同じDropBoxに保存してもフォルダ名が異なるので、どのスマホの通話なのか判断できるのは良いですね。

 セキュリティの関係とはいえ、「不明」で電話番号も「不明」は使いづらいです。音声を再生してみないと誰か解らないので、不満です。

 今のところ、一部機種で動作する自動着信通話レコーダー 2018が管理的には良いと思います。
有料版は確か、600円前後だったと思います。
 使い勝手は良いので、安定して動作するようでしたら、購入を検討したいと思います。


追記、ACRだと不明が表示され、使い勝手が良くないと書きましたが、
バージョンを

Call Recorder - ACR v31.1-unChained

に戻したら、不明を表示しなくなりました。名前と電話番号が表示出来るようになりました。
 要するにバージョンダウンです。



posted by ぞうさん at 00:06| Comment(0) | Androidソフトウエア

2019年03月19日

Wise Memory Optimizerの新しいバージョンがでてインストールしてみました

 Wise Memory Optimizerの新しいバージョンが出ております。
Versionは3.6.5となっております。

20190319 Wise Memory Optimizer365.png

早速ダウンロードして、インストールをしてみました。
インストール方法は、ダウンロードしたexeファイルをクリックして、「同意」を選んで、次へと進めていきます。

私がインストールした際は、
2019-03-19 (1).png

Smart Screenを実行できませんが表示され、「実行」を選択すると、インストールのプログラムが起動しました。

2019-03-19 (2).png

最終的な、私の設定は、
2019-03-19 (4).png

この設定で、昔から運用しております。
 参考までに、メモリは、16GBですが、ラムファントムでメモリ上に4GBの仮想ディスクを作成しているので、ソフトウエアを起動していないときは、4GBぐらいしか残っていない状況です。

2019-03-19 (5).png

 正直、メモリ最適化の効果があるのかは体感できておりませんが、安心感を増すためにこの
Wise Memory Optimizerを導入しております。
 問題なく動作しております。
posted by ぞうさん at 23:32| Comment(0) | PCソフトウエア

2019年03月13日

ドライブレコーダー 前後2カメラフルHD200万画素 コムテックZDR-015

 我が家には、GD3(Fit)とRX-7(FD3S(RX-7)の2台あり、妻と私で利用していますが、いずれの車にもドライブレコーダーがありません。

 今は、スマホでドライブレコーダー代わりとして利用しています。


 お金が貯まったら、本格的なドライブレコーダーを購入したいと思っています。
検討の状況を紹介したいと思います。

今回は、表題にもあるコムテックZDR-015を調べてみました。

【新商品】ドライブレコーダー 前後2カメラ コムテック ZDR-015 ノイズ対策済 フルHD高画質 常時 衝撃録画 GPS搭載 駐車監視対応 2.8インチ液晶

価格:24,800円
(2019/3/13 22:48時点)
感想(343件)

楽天市場での最安値です。

コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 高画質前後200万画素 Full HD microSDHCカード(16GB)付 ノイズ対策済 GPS/安全運転支援機能搭載 常時/衝撃録画 高速起動 1年保証 ZDR015

新品価格
¥24,574から
(2019/3/13 22:51時点)

amazonの最安値です。


目次
1.特徴
2.スペック
3.感想


特徴として、

・前後カメラ搭載
・フルHDの高画質でナンバーまでくっきり
・地デジ等の電波干渉防止機能
・安全運転支援機能(先行車発進お知らせ機能、車線逸脱お知らせ機能、前方信号お知らせ機能等)があります。


スペックとして、


フロント
カメラ
撮像素子1/2.7型 CMOSセンサー
総画素数200万画素
有効画素数最大200万画素
レンズ画角水平115° 垂直58°(対角145°)
F値F2.0
レンズ材質ガラス
リヤ
カメラ
撮像素子1/2.7型 CMOSセンサー
総画素数200万画素
有効画素数最大200万画素
レンズ画角水平112° 垂直84°(対角140°)
F値F2.4
レンズ材質ガラス
音声録音ON/OFF可能
映像ファイル形式AVI(MPEG-4 AVC/H.264)
録画ファイル構成1ファイル30秒単位
記録映像再生方法
○ 専用ビューワソフト(弊社HPよりダウンロード)
※Windows7/8.1/10専用
○ ビデオ出力(別売:AVケーブル VC-100)
○本体液晶
記録媒体microSDHCカード(付属:16GB/class10)
※4GB〜32GB対応 class10推奨
製品保証期間1年(消耗品は除く)
電源電圧12V
最大消費電流520mA以下
動作温度範囲-10℃〜60℃
液晶サイズ2.8インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度320×240
フロントカメラ
本体サイズ
96.5(W)×62(H)×32.5(D)/mm
取付ステー装着時 96.5(W)×89(H)×32.5(D)/mm
リヤカメラ
本体サイズ
55(W)×25(H)×28(D)/mm
取付ステー装着時 55(W)×43(H)×28(D)/mm
フロントカメラ重量140g
リヤカメラ重量33g

感想として、

・SDカードが壊れているかのチェックする機能があり壊れている場合には教えてもらえるのはありがたいですね。

・取り付け場所も、フロントガラスの装着もできるし、ダッシュボードの装着もできます。

・前カメラと後ろカメラをケーブルでつなぐ必要があるので、自分で作業を行う場合には、内装を剥がしてケーブルを見えなくするとかっこよくなると思います。付属品のカメラケーブルは7mあるので、天井を這わすことも可能ですし、一度フロアに下ろしてケーブルを引くこともできそうです。(内蔵を剥がさない場合は、フロアマットで隠すこともできそうですね。)

・画像を再生するには、Windowsで動作する専用のビューワーか、ビデオケーブルをつないで見るか、カメラの付属液晶で参照する方法があります。個人的にはWi-Fi等と連動してスマホでみたいですね。

・レンズがもう少し広角だと、ぶつかる直前の映像が長く写ると思いますが、取り付ける位置を少し後ろにすれば、広く撮影することが可能になりますね。

・駐車監視のオプションは

【 コムテック 駐車監視・直接配線コード HDROP-09 】 ドライブレコーダー 駐車監視機能オプションパーツ (COMTEC ドラレコ)

価格:2,090円
(2019/3/13 23:03時点)
感想(0件)

 これを購入する必要があります。

・コムテックのレーダー探知機から、ドライブレコーダーに電源やGPS信号を供給することのできるケーブルも売られています。ただし、レーダー探知機の種類により、ケーブルが2種類あるので注意してください。
 一例として、
 ZERO 903VSレーダー探知機からこのZDR-015に供給するケーブルは、ZR-12となります。

COMTEC コムテック ZR-12 ドライブレコーダー接続ケーブル(長さ約4m) ドライブレコーダー・レーダーオプション

価格:1,771円
(2019/3/13 23:07時点)
感想(0件)

 レーダー探知機を利用している私としては、うれしい限りのケーブルです。車の配線がすっきりしそうです。

このコムテックZDR-015は一通りの機能があるので、売れている商品だと思います。
特別すごい機能はないかもしれませんが、トータルの機能バランスが良いドライブレコーダーだと思います。

posted by ぞうさん at 22:00| Comment(0) | ドライブレコーダー

2019年03月10日

FD3S(RX-7)が車検から戻ってきました

車検から車が戻ってきました。

車検代は284,743円でした。
20190310 車検見積もり1-2.jpg
20190310 車検見積もり2-2.jpg

ただし、フロントディスクローター左右、リアディスクローター左右、フロントブレーキパッド、リアブレーキパッドは自分で購入し、ディーラーに取り付けてもらいました。

フロントディスクローターは下から購入しました。

【最低でも5倍】 ブレーキローター ■RX−7■スリットローター フロント1台分DIXCEL ディクセル PDタイプ 6本スリット加工■型式 FD3S ■ 17インチホイール車 ■年式 93/1〜02/08 ■PD3513003S■送料無料税込【smtb-F】

価格:22,032円
(2019/3/10 20:38時点)
感想(0件)




リアディスクローターはこちらから購入しました。

マツダ RX-7 リア 左右セット ブレーキディスクローター SDタイプ FD3S RX-7 (17インチホイール車 93/1〜02/08) SD3553004 【送料無料】【DIXCEL】ポイント5倍【ディクセル】

価格:23,328円
(2019/3/10 20:39時点)
感想(0件)




フロントブレーキパッドはこちらから購入しました。

ディクセル ESタイプ フロント左右セット ブレーキパッド RX-7 FD3S 351120 DIXCEL エクストラスピード ブレーキパット【店頭受取対応商品】

価格:6,912円
(2019/3/10 20:40時点)
感想(0件)




リアのブレーキパッドはこちらから購入しました。

DIXCEL ブレーキパッド ES エクストラスピード リア用 RX-7 FD3S 654X2 91/11〜02/08

価格:5,184円
(2019/3/10 20:42時点)
感想(0件)




 楽天のポイントを利用したりしたので、上の金額と、下の実際の購入金額は若干異なります。

自分で購入した費用として、
フロントディスクローター 22,032円
リアディスクローター   23,328円
フロントブレーキパッド   6,400円
リアブレーキパッド     5,184円
----------------------------------
合計 56,944円
すべて車検に関わる費用としては、341,687円でした。

当初ブログに載せた、見積もりは、441,489円でしたので、約10万円安価にすることができました。その代わりとして、車検にかかる時間が2週間となってしまいましたが。
当初のディラーの見積もりは、前のブログで書いた、「FD3S(RX-7)をディーラーに車検に出しましたが、金額にびっくり!」を参照してください。

スリットローターフロントの写真を載せます。
20190310_フロントスリットロータ.jpg

スリットローターリアの写真を載せます。
20190310_リアスリットローター.jpg

車全体の写真となります。どう見てもノーマルですね。近づかない限りはスリットロータになっていることには気づかないと思います。
IMG_20190310_163100.jpg
IMG_20190310_163112.jpg

 車検に出したディーラーでは、FD3S(RX-7)のお客さんは私を入れて3名だそうです。
RX-8のお客さんは1名とのこと。
 最近は、町の中で、FD3Sを見ることは少なくなったはずですね。

 今回の車検の反省点としては、
HIDの片方がHIビームにできないので、ディーラーから進められた、LEDのヘッドライトにしましたが、7,560円でした。楽天やアマゾンを見ると、もっと安いLEDのヘッドライトも売られていたので、その部品も自分で購入すれば、もっと安くなったはずでした。

 ディーラーからは、車の受け渡し時に、触媒が腐食しているので、次回の車検には、触媒を交換しないと車検に通らないかもしれないとも言われました。
 参考までに、純正の触媒をもらうと、206,906円でした。
たぶんこれも、車外品の触媒の方が安いような気がします。
今度調べて報告します。

posted by ぞうさん at 20:46| Comment(0) | 車関係 メンテナンス

2019年02月24日

ドライブレコーダー・レーダー探知機一体型がコムテックより発売されています

 コムテックより、ドライブレコーダー・レーダー探知機一体型が発売されています。




アマゾンでも同様に販売されています。

2018/02/24時点では、アマゾンの方が若干安いですね。

ドライブレコーダーの機能として、
有効画素数 最大200万画素
レンズ画角 水平115° 垂直58°(対角145°)
衝撃検出感度設定 ○(ON/OFF調整可:0.1G〜1.0Gまで0.1G単位で設定可)
LED信号機対応 ◯LED信号機が消灯状態で記録されないようにフレームレートを調整済み
駐車監視モード なし
録画サイズ FullHD(1920×1080)/HD(1280×720)/SD(640×360)
フレームレート 9.1fps/19.1fps/29.1fps
画質 高画質/低画質の2種類から選択可能
記録方式 常時録画/イベント録画(衝撃録画/マニュアル録画[手動録画])
音声録音 ON/OFF可能
映像ファイル形式 MOV(MPEG-4 AVC/H.264)
録画ファイル構成 1ファイル30秒単位
チェック機能 ○起動時にSDカードをチェックし、破損している場合にお知らせします
記録媒体 microSDHCカード(付属:16GB/class10)※4GB〜32GB対応 class10推奨

レーダー探知機の機能として、
受信バンド数 18バンド
超高感度トリプルエンジン(GPS・レーダー・無線) ○
最新GPSデータ 無料ダウンロード更新 ○
GPSデータ更新方法 付属microSDHCカード
GPSデータ件数 GPSデータ165,000件以上/取締・検問データ40,000件以上
小型オービス対応 ○
公開取締情報表示 -
OBDU接続(オプション) -
警報表示パターン スタンダード/スマート/イラスト
レーダーキャンセル機能 ○(自動ドア等の誤警報キャンセル)
オービス警報ポイント
キャンセル ○
無線キャンセル機能 ○(無線の誤警報をキャンセル)
LSC機能 ○(低速時に音声をミュート)
ASC機能 ○(受信感度自動設定)
対向車線オービスレーダーキャンセル ○
待機画面表示パターン カメラ映像表示/メイン・ミニメーター/3連ミニメーター/1画面表示
表示項目 時計/カレンダー/スピード/コンパス/標高/車両電圧/衛星受信数/傾斜計/レーダースキャン/ドライブインフォ/パワーチェック/G-モニター/運転時間/走行距離
ロードセレクト機能 ○(走行道路を自動または手動で設定可能)
レーダーおまかせ設定 ○(各種警報設定を一括で簡単に設定変更可能)
ユーザー登録ポイント追加機能 ○

 レーダ探知機としては、小型オービス対応が最新型だなと思っています。
動作中の表示画面は、ドライブレコーダ画面、レーダー探知機画面が選べるようになっているみたいです。
(購入していないので、スペックやコムテックのHPから判断しております。)

 大きさや形から判断すると、ダッシュボードに取り付けるタイプですね。
ダッシュボードに取り付ける場合には、真ん中に取り付けるので、運転の視界の邪魔になるのが気になります。
 ダッシュボードに取り付ける位置によっては、ワイパーやダッシュボードが画面の1/3ぐらいしめる可能性があり、肝心の外の景色の動画範囲が少なくなるので、取り付ける位置には十分注意する必要があると思います。

 私の理想としては、ミラーの裏側に取り付けで、ドライブレコーダーとレーダー探知機が一体だとすごく良いのですが・・・。

 私が、スマホスタンドオービスガイドよりは、小型オービス対応になっているので、このコムテックから発売されている、ドライブレコーダー CB-R01の方が性能が良いですよね。

 ミラー型で、ドライブレコーダー・レーダー探知機一体型が出てくるとうれしいですね。
ダッシュボードに物を取り付けると、どうしても運転時に左側の視界が悪なる気がして、ダッシュボードには何も起きたくない管理人でした。

posted by ぞうさん at 15:29| Comment(0) | 車関係 ドライブ